自分の目の前で官能小説を感情たっぷりに読んでくれる「朗読プレイ」。
昔はイメクラでの定番プレイだったが、最近ではデリヘルのオプションにも入っていることも多く、
自宅でエロ本を朗読してもらえるという体験も可能なのだ。
そんなプレイが体験できるのは十三風俗ヌキ道楽です。
また、風俗ではないが、一部のメイド喫茶などでは特別料金を払うことで別室にて官能小説を読んでくれるサービスも行われているらしい。
もちろん普通のメイド喫茶なので性的なプレイはご法度だが、
パンパンになったオイラのオマタはこの後どうしたらいいのか悩んでしまいそう。
またオナクラでも朗読オプションがあるところは多く、
こちらは女性の朗読に合わせて思う存分オナニーできるから、
メイド喫茶からオナクラにハシゴするのもいいかも知れない。
目をつぶって彼女が読み聞かせる官能小説の世界を浸ってみれば、
今までにない最高の射精が味わえちゃうはず。

セクハラとはおおむね地位や上下関係を利用して強要するケースがほとんどだ。
他にも興奮にブーストをかける要素はたくさん含まれている。
また、普段は立場が相手のほうが上なのに、男と女になれば逆転…というエッセンスだってスパイスとしては十分すぎる
。訴えられれば、つまり被害女性がその気になれば男性の社会的信用など木っ端微塵に吹き飛ぶ。
ひと昔前のように「キミもクビになるけど、わかってるよね?」
「騒ぎになって恥ずかしいのはキミの方だよ?」などと男性が完全有利で女性はただ泣き寝入り…そんな時代じゃない。
むしろ女性に有利な世の中、またそれを悪用した冤罪までも発生する始末だ。
やはり現実にセクハラを行うのはナンセンス、風俗で楽しもう。